職場 パワハラ

スポンサーリンク

職場のパワハラ

職場でパワハラに悩んだら、まずは冷静になってどうやって対処すればよいかを考えましょう。急に休んだり、上司に対してあからさまに抗議したりすると、よくありません。職場のパワハラは一人で解決するのではなく、しかるべきところに相談したり、外部の人に相談するなどの対処法が必要です。

 

パワハラの形で多いので、上司による嫌がらせです。嫌がらせのような命令や、一人だけ仕事をはずされたり、些細なミスなどをしつこく指摘されたりと、精神的に追い詰められるケースがあります。被害者になるのは、おとなしくて積極的ではない人であったりします。

 

パワハラに遭ったら、メモや記録をとっておきましょう。恫喝などの発言については、ボイスレコーダーなども場合によっては有効になります。さらに暴力などを受けている場合には、病院へ行き医療機関の診断を受けることです。精神的な病の場合でも医療機関で診断書を出してもらうことで、会社に対しての有効なアピールになります。さらにパワハラが続くようであれば、人権団体や会社の労働組合などがあればそちらへ相談するようにしてください。

 

会社は職場の労働環境や労働安全などに配慮する義務があります。あなたがパワハラを受けているということがきっかけとなって、労働環境改善に向けて腰を上げるのではないかと思います。その間、職場のパワハラの事実が確定するまでは、あなたもがんばって職場で仕事をするべきです。きっちりと義務を果たすことで、権利を主張できるからです。

スポンサーリンク