モラハラ 職場

スポンサーリンク

職場のモラハラ

モラハラが横行する職場とはどのような職場でしょうか?そもそもモラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略であり、言葉や行動によって人の心を傷つける精神的な暴力だと考えてもらってよいでしょう。

 

モラハラは、今に始まったことではなく、過去にも多く存在しています。特に現代になってよりクローズアップされてきたということは、時代の流れであるといえます。

 

モラハラが横行する職場にいる人は、どうなるでしょうか?モラハラが難しいのは、やっている本人にあまり意識がないということです。モラハラの加害者はいたって真剣に相手と取り組んでいるわけですが、あまりにも度が過ぎてそれがいじめのようなものになってしまうことがあります。こうなると、被害者は精神的にも肉体的にも深い傷を負うことになります。最終的には、職場を去ることになったり、精神的な病に至ることもあります。また、職場全体の雰囲気も悪くなり、ぎすぎすした雰囲気が職場全体を重くすることになります。

 

モラハラで被害者の被る被害というのは、具体的な病名になって現れてきます。不眠症であるとか胃痛そして、円形脱毛症などのメンタルが原因の病気が多くなっています。

 

被害を受けていても、モラハラを我慢する人もいます。多くは気が弱くあまり目立たない人であるといえます。身体に症状が現れてきたら、すぐに精神科やカウンセラーに相談することで、モラハラの早期解決に向けてアクションを起こしたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク